最初へ

しあわせ米の出来るまで その7


今回は「虫」

農薬を使わないなら

病気や虫

がつくんじゃない?


つきます!



農薬をやめるだけならつきます!つくと思います!



農薬と肥料と機械はセットだと思います



肥料と機械(作業体系)を見直して

健全な健康な稲を作って農薬をやめる


色々な生き物が暮らす

生物多様性の土壌を作ってから農薬をやめる


はい、せーのって農薬・肥料・機械を同時にやっても良いと思いますが


虫がつく環境・土壌があるのに、農薬だけ止めるってのは

作物にとって酷だと思います



機械、作業体系っていうのも前回で紹介した通り

機械作業一つで、土が生き死にする


もう一回言いますけど

農薬・肥料・機械まで全部セット

田んぼの中の世界全部一緒に考えないとって思います。



実際に農業試験場で観測してもらった結果はコチラです


ひし形が慣行、農薬をやってるのでウンカはついてません

四角が「しあわせ米」の田んぼ

三角は他の生産者の「しあわせ米」の田んぼ(深耕はしてません)

8月の半ばにウンカがついてます

でも9月にはほぼいなくなってます

10月、収穫前にまた現われましたが、収穫直前なので影響なし


試験場の方も

「なんででしょう?」

「ウンカの天敵がいるからでしょうか?」

との事です。


実際、「しあわせ米」を作っていて、病害虫の被害にあった事はありません、

ジャンボタニシ以外ですね。

健全な稲を作ってれば、病害虫は気にすることない


人様と一緒ですね

サプリメントなんかを取らずに、

ちゃんとした食べ物を食べて健康な体なら

病気になって薬を飲むこともない。

まして、病気になってないのに薬を飲むなんて論外、

だと思います。



以上です、

次は・・・苗かな?
戻る
次へ
一覧へ