最初へ

しあわせ米の出来るまで その3

土づくりの実際の作業は


作業体系の見直しから始まります

ロータリーで土を耕す、とします

・それは何のためにするの?
・そうするとどうなるの?
・その方法で、その機械で良いの?

一つ一つ考えます

例えば、ロータリー耕ってのは

・作付を急ぐ場合には、耕起・砕土・整地がいっぺんに出来るので、有効
・肥料を撹拌して土に混和できる、ただし雑草の種も撹拌、草が出来やすい
・硬盤が作られやすい
・土が単純構造になりやす

って事です、これをみれば、肥料を使わないなら、ロータリーってのは不向き

おまけに草が出来やすいなら、農薬不使用にも不向き

「何かを使わない」って事は作業機械も一緒に考えないといけないって思います



それも自分にあった、作付の広さによって考える

ウチでは、10haですので、

やりたい事を踏まえて、10haに対応した機械を使う

では、実際の作業です。

まず、フレールモアで稲わらの裁断

根張りの邪魔になる、藁を裁断して

早く土にかえるようにしてます

稲わらが残ると、ガスの発生

分解に窒素が取られる

根が健全に育つのを邪魔します


次は

稲刈りから一月おいて

スタブルカルチによる深耕


作業時間も、ロータリー耕が2時間かかる所を40~50分

燃料も半分以下



これは、あくまで10ha規模の作業です

もっと小さい面積なら

フレールモアの代わりにウィングモアや草刈り機

またはロータリーによる表面だけの耕起


スタブルカルチの代わりに、

青森の木村さん方式、ロータリーの刃を間引いての粗起し



大事なのは、「なにをやってるか」を

自分の規模に合わせて「スケールのあった機械」を使う


では、続きます。

戻る
次へ
一覧へ